2023.06.14

「今の会社に居続けて大丈夫かな?」前職と現職の違いから将来のビジョンを聞いてみた

「今の環境に居続けても良いのかな?」
そんな風に考えたことはありませんか?

「何度も迷ったけれど、転職して本当に良かった!」

そう話してくれたのは、自身も転職を経験し現在はベンチャー企業で活躍する阿部美香さん。

阿部さん自身、前職は人も環境も良く不満はなかったそう。しかし、キャリアアップに限界を感じ転職を決意。

以前の自身と似た境遇の方に「今とは違う企業でキャリアアップする道もありますよ」とアドバイスを送る阿部さん。

転職を考えるに至ったきっかけや前職と現職の違いから将来のビジョンまで聞いてみました!

大学からの簡単な経歴を教えていただけますでしょうか。

大学は駒澤大学の経営学部経営学科に進学し、卒業後は新卒で人材系の会社に入社しました。

新卒で配属になったのが、グルメサイトの代理営業をしている事業部で、3ヶ月間だけ新規営業をしていました。

その後にカスタマーサクセス部門の立ち上げがあり、3年半ほど営業をした後に別の部署に移動しまして中途採用担当を半年ほど経験していました。その後に転職をして今はマーケティングコンサルとDX事業を行う会社にいます。

 新卒で入られたグルメサイトの営業では具体的にどのような業務を行われていたのでしょうか?

前職では1700店舗ほど担当していました。店舗営業のサポートや、サービス利用継続の提案を主にしていました。3人で行っていたので大体1人当たり600店舗ぐらいをずっと回していくような形で、解約阻止で言うと毎月230店舗ぐらいが対象でした。

契約を継続してもらうための営業ということですか?

そうですね。

契約を切られないようにするためのアクションを取っていました。

割と行動量をこなさないと終わらなかったですね。

続いて行われていたのが中途採用の担当ですね!

こちらも3人で中途採用担当をしていました。自分が入って面接をするというよりかは調整が主な業務で半年間やっていました。

そこから転職を決意したきっかけはどこにあったのでしょうか?

元々3年半営業をしていて営業自体はとても楽しかったんです。
しかし、自分の役職を上げたいなと思った時に上の役職が詰まっていて自分のポジションが上がらないと感じていました。

加えて、毎月ずっと同じことをしていてルーティンになっていたので若干飽きていたのもあります。

別の部署に移動したりもしたのですが、調整が主な仕事になっていて自分の良さが全然活かしきれていないと感じていました。

 営業として実績を作っていきたいという思いもあったのでそのまま会社に残る手段もあったのですが、せっかくの機会だし転職してみようかなと思い決意しました。

キャリアアップをしたいのにさせてもらえないところに少し物足りなさを感じてたということですね。

そうですね。
このままずっと新卒で入った会社に居続けるとなると、やっぱり慣れとかも出てきますし、それって本当に良いのかなと思っていました。

この会社に残らなければいけない理由が特にないなと思っていて、 もう少し他の会社も経験してみたかったので転職を決意しました。

前職に対する不満はありましたか?

正直、不満は全くないですね。

前職の会社のことも好きですし、一緒に働いてる人も好きでした。やっぱり人が良かったこともあり、そのまま残るか転職するかで、正直悩みましたね。

何を軸に転職活動を行われていたのでしょうか?

軸は3つありました。

まず営業がやりたかったので営業職であるということ

既存顧客への営業をずっとやっていたこともあり、営業職の中でも既存顧客に対する営業であること。
あとは、割とベンチャー気質のある会社がいいなと思っていました。

営業職にこだわりを持たれていたんですね!

今のお仕事の1日のスケジュールを教えていただけますか?

今で言うと、完全会員制の家探しサービスのコンサルをしています。毎日そのサービスでどうすれば成果が出るのかという打ち合わせが、長いときだと10時から19時まで全部入っている日もあります。

1日中打ち合わせをされる日もあるのですね!

そうですね!

打ち合わせがない日はいかがでしょうか?

最近ですと、既存のお客様だけではなく新規営業もすることになっているので、テレアポをしたり、新規営業の商談に同席したりしています。

主な仕事は既存顧客の企業へのコンサルなので、どうやって成果を出すのかといったところに焦点を当ててスケジュールを組んでいます。

前職も現在も営業をされているとのことですが、違いは感じられますか?

全然違うなと感じていますね。

具体的にどのような部分が違うのでしょうか?

前職では毎月230店舗ほどに営業をかけ続けないといけませんでした。そのため、考えるよりも まず行動に移さないとそもそも何も終わらない状態でしたね。ただただ量をこなすという感じでした。

それが今では、どうすればこの会社が成果が出るのかであったり、このサービスをもっと企業側が使いやすくするにはどうするべきか考えるみたいに、試行する機会が圧倒的に増えたと感じています。

前職では量を、現職では質を重視するという違いがあるのですね!

既存顧客への営業という面では同じですが、やり方の面では大きく変わりましたね。

阿部さんとしては、前職と今の営業のスタイルはどちらの方がご自身に合っていると感じられていますか?

もともと、量を追い求めて無理をするというスタイルに全く抵抗がありませんでした。

ただ、今の質を追い求めるスタイルになってから、その企業に寄り添ったり、もっと入り込めるようになったと感じます。

まだ転職してからあまり経ってないので知らないことももちろんありますが、どちらかというと今の会社の方が自分には合っていそうだなと感じています。

前職の会社と今の会社で社風に違いはありますか?

 前職の会社には女性でもガツガツ仕事をする人がいましたが、今の会社にはいないという違いがありますね。

ベンチャー気質の会社はガツガツ仕事をするイメージがありますが、今の会社はそんな雰囲気はないのですね!

女性に限って言えばそうですね!

男性はガツガツ働いている方も多いですが。

前職ではどのような働き方をする女性がいらっしゃったのですか?

同い年で今は結婚して子供がいる方は、出産する2週間ぐらい前まで会社に来てパソコンを持って働いていました。毎日電車に乗って会社に来ていましたが、そんなにガツガツ仕事する人は普通いないと思います。今の会社だとすぐに産休に入っているはずです。

先ほどの話と重なりますが、働く中で重視されることも違いますね。

量を重視するか、質を重視するかという違いですね!

そうですね!

前職だと行動量が重視されて、「なんで行動しないの?」みたいな感じに言われたりします。

今の会社もガツガツさはありますが、行動量ではなくて質であったり、それまでの過程を重視する傾向があると感じますね。

今の企業に入られて満足していますか?

そうですね!転職して本当に良かったです!

転職して良かった!という気持ちが表情に表れていますね!

ちなみに転職活動をされる中で何か困ったことはありましたか?

自分の強みや弱みをそもそも言語化する機会や、指摘されたことがそれまではなかったので、自己分析の面で最初は少し苦労しました。

面接を受ける中で大変だったことはあまりないです。自己分析が少し大変だったなと感じるくらいですね。

確かに自己分析ってゴールが見えない分、これで良いのかな?と感じたりして大変ですよね。

私もそんな感じでした!

株式会社デザイナーには転職活動をする中で出会われたのでしょうか?

はい、そうです!

株式会社デザイナーで転職支援をしてもらって良かったな、助かったなと感じられるところはありますか?

サポートがとても丁寧だと感じました!

もともと前職で同僚だった方が人材紹介をされていて、最初はその方に相談していました。

いろいろお話を聞いてもらいながらいくつか会社を紹介をしてもらったのですが、「いや、この会社は絶対私に合っていないじゃん」と思うようなところばかりで…。

その会社の詳しいことを聞くと、「ここはあまり社内状況良くないんだよね」みたいなことを言われたりして、なぜそんな会社を紹介してくるんだろうという不信感を抱きました。

確かに、それは不信感を抱いて当然ですね!

弊社代表の泉澤とはどこで知り合われたのですか?

私の大学時代の友達が泉澤さんと前職が同じで繋がっていて紹介してもらいました。

具体的にどのようなサポートを受けられたのでしょうか?

先ほどの自己分析の話と繋がるのですが、まず自分が何をしたいのかというところの深掘りであったり、言語化もきちんとできてない、何が自分に合っているのかもわからない状態で話を聞いてもらいました。

その中でとても丁寧に私のことを深掘りしてもらえました。全く同じ職務経歴書を見せた時も、他の方とはフィードバックが全然違いましたね。全体を通してとても丁寧、親身だと感じました。自分のことを本当によく理解できたと思います!

親身に相談に乗ってもらえたところが良かったということですね!

阿部さんと同じように、キャリアアップのために転職を考えられている方も多いと思います。似たような境遇の方に何かアドバイスはありますか?

今の慣れた環境ではなく、違った会社でキャリアアップする選択肢もありますよとお伝えしたいですね!

私もそうだったのですが、キャリアアップはしたいけど転職を迷われてる方は今の環境に慣れてしまっているんじゃないかと思います。

阿部さんご自身の経験からくるアドバイスですね!

確かに今の会社にいた方が、キャリアアップがしやすそうだと思うかもしれません。ですが、その時の環境でのキャリアアップのしやすさと、別の会社でのキャリアアップのしやすさは全然違うなと感じています。

慣れた環境でずっと上がっていくよりも、違う環境で違った角度から、また新たに1から自分のキャリアを積んでキャリアアップした方が、自分のできることの幅が広がると思います。

確かに同じ会社に居続けるよりも違う会社も経験した方が知見は広がりそうですね!

私みたいに今の会社に残った方がやりやすそうと感じる方も多いと思いますが、それだとできることも限られると思います。

慣れた環境にいると難しいと思いますが、新しいチャレンジという意味でも、転職という意思決定をしてほしいなと思います!

新しい環境に一歩踏み出すことは勇気も必要ですし、ためらいがちだと思います。

阿部さんご自身は新しい環境に踏み出すことに抵抗はなかったのでしょうか?

何度も悩みました。

前職の2年目くらいから転職したいとずっと思っていたんです。

ただ、人も環境も良いし、役職も上がったと考えてしまいまい、結局転職しないでおこうと決断することを2、3回繰り返しました。

かなり悩まれたのですね。

それでも、やはり限界を感じていたんです。

前職のままでも自分ができることが増えるとは思いますが、少しキャリアアップの限界が見えてきたタイミングだったので、転職しようと決めました。

人も環境も良く、前職に不満がないという中での転職の決断は難しそうですね。

違う部署に行かないかといったお誘いを責任者の方から頂いたりもしていました。

本当に本当に悩んだのですが、やっぱりこのままじゃダメだ、この会社に居てはダメかもしれないと感じたことが大きかったですね。

今のお仕事で将来やりたいことのビジョンは何かお持ちでしょうか?

今は新規事業の事業部に所属して不動産向けのシステムの営業をしています。担当しているサービスが、不動産業界の中でも圧倒的な地位を得られる事業にしていきたいと思っています!

その過程で、今は既存顧客への営業のみ行っていますが、その部門のリーダーであったり、新規顧客への営業も経験したいなと思っています。新規営業の部門に移動してリーダーであったり、最終的には営業マネージャーを経験してみたいです。ただ、今は会社にかなり女性が少ないのでまずは女性管理職のロールモデルになりたいなと思っています。

明確なビジョンを持ってお仕事されているのですね!素晴らしいと思います!

ここまではお仕事のお話を伺ってきましたが、ここからは少しプライベートなことも聞かせていただきます!

阿部さんの将来の夢、プライベートな夢は何かありますか?

カフェの経営をやりたいなと思っています!

いつまでにといった明確なところはまだ決めてないですが、それが最終的なプライベートの目標ですね。 

なぜカフェをやりたいと思われたのですか?

カフェ自体がずっと好きだったんです。

前職の関係でカフェのオーナーさんとお話しする機会が多くあったのですが、皆さんとてもいきいきと働かれていたんです。

好きなことをしながら本当に人生を楽しんでいるなと感じて、私もそんな生き方をしてみたいと思いました!

カフェを開きつつ、そうした生活に憧れがあるのですね!

将来の夢と今の会社の業務で繋がっていると感じることはありますか?

全く繋がっていないと思います。

私自身、営業をガツガツできるのは年齢が若いうちだけだと感じています。年齢を重ねるにつれて、女性は結婚や出産、子育てとやるべきことが増えてくると今みたいに働くことができなくなると思うので。

カフェというとのんびり働くイメージがありますが、将来の夢から今の会社を選んだというより、若いうちにしかガツガツ働けないと思ったのでそういう経験がしたいというので選んだ気持ちが強いですね!

良いですね!

カフェを開いたらぜひ呼んでください!

もちろんです!

かなり先の話になってしまうかもしれませんが!